2019/10/04(金) 日本暮らしのコツ

駅にある応急処置キット

2020年の東京オリンピックに近づくにつれて、東京の訪問者数は急に増えるに違いありません。

私の個人的な意見では、緊急事態が発生した場合、例えば誰かが気絶したり失神した場合、私たち外国人も、日本の医療チームが到着する前に助けることができます。

ほとんどの日本の駅でAED(自動体外式除細動器)と知られている医療用緊急キットに出くわします。これは突然,心停止を経験している人を助けるために使用するデバイスです。これは、心臓のリズムを分析し、必要に応じて電気ショックを与えて、心臓が正確なリズムを再び確立できるようにするための、洗練された使いやすい医療機器です。

AEDの使用方法について簡単に説明します。

AED

**もしあなたが日常の場所で床に横たわっている人に気付いた場合、最初にすべきことは、その人を助ける勇気を持つことです。次に、その人の肩をたたきながら、声を上げて「私の声が聞こえますか?」と言います。​ ​

**応答または意識の兆候が明確に示されていない場合は、通行人または周囲の人に声をかけて救急車(119)に電話をかけ、同時に最寄りのAEDを見つけてもらいます。それがあなたから離れすぎている場合は、その人の側を離れずに、他の人に走ってあなたのためにそれを手に入れるように頼まないでください

**次に、頭が少し後方に傾いていることを確認し(これにより気道が開くようにします)、最初の10秒以内に、人の胸が動いているかどうかを確認します。動きの兆候がない場合、これはその人が呼吸していないことを意味します。​ ​

**次の部分(写真4に示す)は、人を蘇生させるために最も重要な部分です。この時最も重要なことは、心臓の再起動を試みることです。これは、手を下の写真に示すように配置してから、人の胸の真ん中に手を配置し、理想的には2回の呼吸ごとに15回の圧迫を行います。口から口への蘇生を行うたびに、必ず鼻孔の気道を塞いでください。

 

**最後に、これを試してもまだ兆候がない場合は、AED機器が役立ちます。基本的に、AEDは心臓を再起動しようとして、心臓にショックを与えます(写真5を参照)。 AEDの使用方法に関する指示は、図形式で表示されるか、オーディオまたはビデオが非常に簡単に表示されるため、誰でも理解できます。

AEDを使用する際の最も重要なことは、人にショックを与える前に(AEDのボタンを押すことによって)、周囲の人全員に遠ざかるように伝え、またあなたの身体にも触れないようにしてください。ショックを与えると、あなたもそのショックを受けます!

 
この時点で、その人が意識を取り戻したことを願っています。この時点で、体をジャケットで包むようにしてください。血液循環が不足しているために体が熱を失っている可能性が高いからです。

 
一方、あなた自身が何らかの緊急事態に遭遇した場合、サクラハウスとサクラホテルには、あなたの言語であなたを助けることができるバイリンガルとスタッフがいます。電話やメールを送信できるだけでなく、FacebookやInstagramなどのソーシャルメディアを使用して連絡を取ることもできます。

シェア

アーカイブ

このウェブサイトはクッキー(Cookie)を使用しています。サイトを閲覧し続けることで、クッキーの使用に同意することになります。詳細はこちら.