2021/10/11(月) 日本に住む

京都を発見する:大徳寺

京都での滞在は、長期滞在であろうと短期滞在であろうと、日本の伝統、歴史、そして何よりも現代と伝統文化の発見に満ちています。これを見るのに最適な場所は、街の周りにたくさんの神殿があります。これらすべてから、日本で最も美しく世界的に有名な伝統の1つである茶道とわびさびの美的概念を生み出したものに焦点を当てたいと思います。

ザ町家ホテルサクラハウスの町家シェアハウスと民家の北に位置する大徳寺は、21のサブテンプルと2つのブランチテンプルで満たされた広大なエリアの本堂であり、最も美しい日本庭園の風景のいくつかを提供していますそして伝統的な「わびさび」の感覚。

大徳寺は、1315年頃に宗峰妙超(大徳寺)によって登場しました。日本語での名前は「大徳の寺院」を意味し、日本の禅仏教の臨済宗に属しています。
残念ながら、他のいくつかの寺院で歴史を通して起こったように、元の構造は応仁の乱の1474年に火事で破壊され、その後、47番目の住職である一休宗純によって再建されました。酒井と歴史上の人物豊臣秀吉と他の数人の大名武将によるかなりの寄付。

この寺院の非常に重要なことは、16世紀頃に始まります。当時、軍の何人かのメンバーが、祖先に祈ったり、自分の死に備えるための場所にすることで、寺院の敷地を支えていました。さらに、1585年、日本の大名で統一者である豊臣秀吉は、特に総見院で、前任者の織田信長を埋葬する場所としてこの寺院を選びました。これにより、歴史上この寺院の重要性がさらに高まりました。

このお寺を有名にしたもう一つの主な要因は、豊臣秀吉と織田信長の両方が開業した、日本の茶道の創設者として知られる千利休と村田珠光とのつながりです。
今日でも、千利休が設計した茶室は、彼の大きな像も見られる亜神殿の柔光院にあります。


茶道の美的コンセプトのひとつである「一期一会」は、それぞれの出会いを個性的な出会いととらえています。

この地域にあるすべての美しいサブテンプルの中で、目立つのは大仙院です。高く評価されている「襖」の引き戸で設計されており、禅の石庭の最高の例の1つを備えています。これらの庭園は、山や島として配置された岩、滝や川を表す白い砂など、伝統的な中国の風景を表しています。庭園は、白い石の大きな海でメインセクターに到着する前に、訪問者を徐々に驚かせるように設計されています。

本当の禅体験をお探しなら、朝に龍泉菴を訪れるのは必見です。この間、早朝の「座禅」を行い、僧侶の日常を垣間見ることができます。

ここのほとんどの寺院は、美しい中庭や宝物を楽しんでサポートするための特別入場料がありますが、接続する歩道を歩くだけでも、日本の文化と歴史のこの部分の美しさを垣間見ることができるリラックスした体験です。

サクラハウス京都から徒歩約20分(またはほぼ同時期にぶバス)で大徳寺に行くことができ、途中でいくつかの店舗やレストランを通り抜けることで、京都の美しさと便利さをさらに発見することができます。

シェア

関連物件

  • ゲストハウス

    サクラハウス 田端東京3(ゲストハウス)


  • シェアハウス
    ゲストハウス
    アパート

    サクラハウス 杉並区荻窪シェアハウス東京(東京短期滞在向けウィークリー・マンスリーシェアハウス&ゲストハウス)


  • シェアハウス
    ゲストハウス

    サクラハウス 江東区 門前仲町D(女性専用)


    女性のみ

  • シェアハウス
    ゲストハウス
    アパート

    サクラハウス 大島東京2(東京江東区の短期滞在向けシェアハウス・アパート)


  • シェアハウス
    ゲストハウス

    サクラハウス 浅草蔵前シェアハウス/ゲストハウス東京(浅草・上野近く 東京短期滞在向けウィークリー・マンスリーシェアハウス)


  • シェアハウス
    ゲストハウス

    サクラハウス 大島東京4シェアハウス/ゲストハウス東京


アーカイブ

このウェブサイトはクッキー(Cookie)を使用しています。サイトを閲覧し続けることで、クッキーの使用に同意することになります。詳細はこちら.