2021/07/29(木) 日本在住

京都を発見する:相国寺

京都での滞在は、明らかに市内の寺院や神社を訪れることを含み、それらはいたるところにあります。私たちの京都町家は、町の有名なスポットのほとんどに近接し、交通の便が良いですが、見落とすことができる場所の1つは、美しい環境の相国寺と城天角博物館です。

この寺院はもともと1394年に建てられましたが、市内の他の多くの寺院と同様に、その後何度か焼かれ、再建されました。これらの最悪の事態は、1788年に、敷地内のほとんどすべての主要な寺院がひどく焼失したときに起こりました。唯一立っている建造物は、上の写真に表示されているハットのダルマホールでした。

このホールは、国内で最も古い仏教の講堂であり、その内側の屋根には仏教の教えの雨を象徴する美しい龍の絵が描かれています。 1910年に文化保存法により特別保護棟に指定され、その後1929年に旧国宝、1950年に重要文化財に指定されました。

有名な金閣寺や銀閣寺と同様に、相国寺は臨済宗の禅宗に属しており、現在は本堂となっています。他のいくつかのサブ寺院や神社とその敷地を共有しており、年間を通じて特別なオープニングがあり、日本の歴史的および文化的な美しさをより多く示しています。

相国寺自体には、相国寺博物館に展示されているユニークな文化財のコレクションがあります。博物館のツアーには、ユニークなパネル絵画の展示と、このユニークな歴史的宝物の強い存在感を完全に掘り下げるために上に表示されたメインホールの内部を歩くことが含まれています。

間違いなく、寺院の敷地内を散歩することで、南にある名門同志社大学に通う学生たちにリラックスした雰囲気を提供します。この地域の特徴の一つは、美しい蓮の花の湖です。興味深いことに、湖の橋は天界橋と呼ばれ、この寺院と皇居をつなぐ役割を果たしていました。現在も寺院の敷地のすぐ南にあります。この地域には、最後の大惨事の後で再建できなかった古い寺院の基礎の一部である大きな岩片もいくつかあります。これについてのもう一つの興味深い事実は、今日の同志社大学の敷地は、実際には相国寺の敷地の一部でしたが、1788年の大火の後で非常に荒廃し、物件再建することができなかったということです。

相国寺へは、京都町家セミアパートメント、シェアハウス、ゲストハウス、地下鉄烏丸線今出川駅から簡単にアクセスできます。

この寺院をもっと見たい場合は、彼らのバーチャルツアーをチェックしてください>>ここ<<。

サクラハウス京都から相国寺への行き方:

 

シェア

関連物件

  • シェアハウス

    代々木上原(西原)


  • ゲストハウス
    アパート

    サクラハウス 東京ステーション(東京駅歩いてすぐ 東京短期滞在向けウィークリー・マンスリーアパート&ゲストハウス)


  • アパート

    サクラハウス 新宿 新大久保


  • シェアハウス
    ゲストハウス

    サクラハウス 江東区 門前仲町D(女性専用)


    女性のみ

  • アパート

    目黒アパートA(旧目黒アパート)


  • アパート

    NUMABUKURO C (Former Numabukuro 3)


アーカイブ

このウェブサイトはクッキー(Cookie)を使用しています。サイトを閲覧し続けることで、クッキーの使用に同意することになります。詳細はこちら.