2021/10/01(金) 日本に住む

寿司、日本の世界への贈り物

日本料理を考えるときに頭に浮かぶすべての料理の中で、リストの一番上にあるもの(最も知られていない場合)は寿司です。シンプルで風味豊かな味わいで、世界中で人気を博しています。しかし、どうしてこんなにユニークなものができたのでしょうか。

 

ちなみに、東京での出張、京都での勉強、伊豆での旅行と発見の旅を計画しているなら、最初の一歩を踏み出すことを忘れないでください日本であなたの家を見つける私たちのいずれかでシェアハウスゲストハウスまたアパート言及された領域のいずれかのオプション。日本に住んでいる間、短期滞在であろうと長期滞在であろうと、学ぶべきことがたくさんあるので、世界への日本の素晴らしい贈り物である寿司に少し焦点を当てましょう。

日本で撮った寿司の写真

寿司の起源は日本と関係がありますが、冷蔵が今日ほど単純ではなかった紀元前2世紀に中国で始まりました。このため、魚を保存する方法を見つけることが必須でした。そのために、塩と米を使った技術を使って魚を発酵させ、腐敗を防ぎました。米は魚を保存するために発酵され、魚はバクテリアの繁殖を防ぐために塩分が多く含まれていました。今日の消費量とは逆に、昔はご飯を捨てて魚だけを食べていたので、なれずしと呼ばれるものができました。

数世紀後から8世紀にかけて、この魚の保存技術は日本料理に定着し、海外で採用されている多くの技術と同様に、その開発と変化を開始します。
味はかなり強かったのですが、魚(当時は主食)を保存できる実用性がすぐに人気を博しました。

 

数世紀後、発酵プロセスに酢が導入され、かなりの変化が起こりました。酢を使用することにより、米はより速く発酵し、時間を短縮し、消費者の要求に合わせることができます。ここでも寿司は今日のようには見えませんでした。魚は通常調理されており、部分ははるかに大きかったです。

18世紀後半になると、華屋与兵衛という男がついに、ご飯を捨てる代わりに酢で味付けして魚そのものを添えることができることを発見しました。彼の創作は「握り寿司」(魚を押して味付けしたご飯の上に盛り付ける)でした。最後に、今日私たちが知っている寿司の最初の画像が表示されます。

 

新しい料理はすぐに人気を博し、寿司屋は江戸(現在の東京)のいたるところに現れ始めました。数世紀後、現代の冷蔵の使用により、生の魚が使用され始め、伝統的な発酵プロセスはほとんど存在しなくなりました。また、全国に寿司屋が増える中、海を越えて全世界に広がるのにそれほど時間はかかりませんでした。

 

寿司の進化の過程で、「押し寿司」(魚と米を木製の四角い型に押し付ける、「押し」または押すことを意味する「おし」)や「巻き寿司」または「海苔巻き」(魚、魚、 「のり」干し海苔に包まれた他の食材)。
海外でのさらなる人気は、いくつかの追加の材料、ラッピング技術、およびプレゼンテーションでさらなる変化を可能にし続けています。一つ確かなことは、寿司は非常に長い間メニューに残り続けることです。

シェア

関連物件

  • シェアハウス

    代々木上原(西原)


  • ゲストハウス
    アパート

    サクラハウス 東京ステーション(東京駅歩いてすぐ 東京短期滞在向けウィークリー・マンスリーアパート&ゲストハウス)


  • アパート

    サクラハウス 新宿 新大久保


  • シェアハウス
    ゲストハウス

    サクラハウス 江東区 門前仲町D(女性専用)


    女性のみ

  • アパート

    目黒アパートA(旧目黒アパート)


  • アパート

    NUMABUKURO C (Former Numabukuro 3)


アーカイブ

このウェブサイトはクッキー(Cookie)を使用しています。サイトを閲覧し続けることで、クッキーの使用に同意することになります。詳細はこちら.