2022/02/18(金) 日本に住む

「梅」が宙に浮いている

2月は寒さが続くため、花が咲き始めます。日本の春の人気シーズンのこの指標は大歓迎です。自然が通りや公園を飾っているので、仕事に出かけたり、日本の学校や大学に通勤したりするのがより楽しくなります。東京と京都の地元の人や外国人の住人は、カメラが色の濃さを見る準備ができています。これらの中から、ある特定の木、日本の梅の木、または日本語で「梅」が特に注目されています。

梅は8世紀に中国から日本に伝わったと考えられています。この木の最初の人気は、それが悪に対する保護の象徴であったためでした。このため、多くの家、神殿、神社が庭に植えています。伝統的に、それは「悪魔の門」として知られている地域に植えられています。これは、土地の区画の北東の角です。これは、悪が土地の区画を通過する方向であると考えられています。

梅干しはもうおなじみかもしれません。その名の通り、梅は実を結ぶ木です。 「梅干し」を食べたことがあれば、酸味はきっと思い出に残ることでしょう。最も一般的には、ご飯の上または「おにぎり」のおにぎりで食べられます。梅の木が提供するお守りの保護に続いて、朝食に「梅干し」を食べることは、一日中危険から人を守ると信じられています。

悪を守るのに役立つかどうかにかかわらず、それは日本人の間で最も愛されている木であり続けています。香りもとても心地よく、果物の味は木ごとに異なります。しかし、その最も待望されている側面は、その美しい花です。

外に出て梅の写真を撮るのは、その後に現れる「桜」を期待するすべての人にとって素晴らしい招待状です。
東京と京都のあちこちに梅を楽しむエリアがたくさんあります。しかし、絶対に見過ごせないのは、京都の北野天満宮前庭です。毎年2月に神社はこの木の香りと色を散歩するために有名な庭園を開きます。月の25日後半、満開が見込まれる「バイカサイ」が開催されます。梅の花まつりです。この日は、上七軒歌舞会の舞妓芸者や芸者芸者が、抹茶や旬のスイーツをお届けします。それは私たちがお勧めする最もやりがいのある経験です。特に神社から歩いてすぐのサクラハウスに泊まるなら。

この美しい季節に東京や京都への勉強、仕事、レクリエーション旅行を計画している場合は、遠慮なく私たちのチームに連絡してください。短期または長期の滞在の場合は、家から離れてあなたの家を見つけて、日本での生活を楽しんでください。

 

シェア

関連物件

  • シェアハウス

    代々木上原(西原)


  • シェアハウス

    サクラハウス 武蔵野 武蔵関シェアハウス東京


  • ゲストハウス
    アパート

    サクラハウス 東京ステーション(東京駅歩いてすぐ 東京短期滞在向けウィークリー・マンスリーアパート&ゲストハウス)


  • アパート

    サクラハウス 新宿 新大久保


  • シェアハウス
    ゲストハウス

    サクラハウス 江東区 門前仲町D(女性専用)


    女性のみ

  • アパート

    目黒アパートA(旧目黒アパート)


アーカイブ

このウェブサイトはクッキー(Cookie)を使用しています。サイトを閲覧し続けることで、クッキーの使用に同意することになります。詳細はこちら.