2019/10/04(金) 日本暮らしのコツ

日本のコンビニエンスストアでの印刷およびコピーサービス

私の国に戻ると、市内のほとんどの家には、外で文書や写真などの印刷やスキャン費用のかかるサービスを避けるために、自宅にプリンターやスキャナーがあります。

日本は、小さくてコンパクトな家のために、プリンターやスキャナーなどのアイテムを持っていると、かなりのスペースを占有します。したがって、日本では、セブンイレブン、ファミリーマートなどのコンビニエンスストアでこのサービスを利用する為に出かける方が経済的です。

撮影した写真を印刷するとき、私は個人的にそのサービスを利用しています。価格のアイデアを教えてください。

白黒でコピーまたは印刷する場合、費用がかかります。

**すべての用紙サイズ(A3、A4、B4、B5)で10円

**カラーの場合、A3サイズは80円、その他の用紙サイズは50円かかります

スキャンに関しては20円かかり、最後にFAXを送信する場合(はい、まだ日本に存在します!)、50円かかりました。

このマシンの素晴らしい点は、SDカードなどのさまざまなポータブルメモリカードを使用できることです。

皆さんの中には、言語の壁をどのように乗り越えるかを考えている人もいるかもしれませんが、心配しないで下さい。実際に表示画面を英語に変えることができます。

多くの日本人がこのサービスを何度も利用します。例えば会議の前にコピーをする場合や、求職の為の写真をプリントアウトする必要がある場合も使います。

 
コピー機の隣に最もよく見られる他の機械は、写真印刷機です(私のお気に入り)。

 

どのコンビニエンスストアに行くかによって、画像印刷機のデザインが若干異なる場合がありますが、表示を英語変更することもできます。

 
今のところ、たとえばカメラで撮影した写真を印刷する場合、サイズに応じて30〜80円かかります。

私はこれを多くを使って、アルバムやポートフォリオを作成し、それを人に見せる事ができます。

1つのプロのヒント!マシンの下部にある小さな開口部から出てくるお釣りを忘れないで下さい!私は100円、時には500円のお釣りを取り忘れているケースを見つけました!それを正しく保ちたい!

シェア

アーカイブ

このウェブサイトはクッキー(Cookie)を使用しています。サイトを閲覧し続けることで、クッキーの使用に同意することになります。詳細はこちら.