2022/01/12(水) 日本在住

日本の伝統に生きる:サギチョ

日本での滞在は豊かな文化体験に満ちています。外国人日本語の生徒として、先生は授業中に季節のイベントのいくつかを説明するかもしれません。あなたが日本で働くことを計画しているなら、あなたの同僚はあなたに地元の習慣のいくつかを紹介するかもしれません。一人で全国を旅するなら、日本文化をもっと知る機会があるようです。また、サクラハウスハウスのアパート、シェアハウス、ゲストハウスでは、ご近所さん、ハウスメイト、ルームメイトが、今まで知らなかった体験を共有することがあります。毎月、独特の伝統的な行事や習慣があり、外国人には通常知られていないのが「左義長」、つまり正月の門飾りの焼き付けです。

「どんどやき」「おにひたき」「さのかみ」などとも呼ばれるこのイベントは、1月15日に行われ、新年の初めに関連するいくつかの典型的な装飾を焼きます。その中には、「しめ縄」(神社でよく見られるが、大晦日には家の入り口を飾る)、「門松」(祖先の霊や神を歓迎するために家の前に置かれる伝統的な竹の装飾)、「かきはじめ」は、各家庭を訪れた恵まれた神々に別れを告げる方法として行われています。

神社入口の「しめ縄」ロープ。

この火を灯すときは、「餅」とその球形の「だんご」を食べるのが共用部で、一年中健康に良いと信じられているため、炎で焼かれています。また、「かきはじめ」の書道を投げる際に炎が高くなると、筆者の書道スキルが向上すると言われています。

おもしろいのは、左義長の火で幸運のお守りも燃やされているのですが、それぞれの目を徐々に塗って願い事を叶えるためによく使われる有名なだるま(上の写真)は燃やされていないのです。失明を引き起こすと考えられています。

 

正月の初めに行われるすべてのイベントの中で、これは冬の季節にぴったりのイベントです。大火は共用部肌寒い天候と戦うのに十分な熱を提供するからです。同様に、新年の初めまたはその後いつでも日本での新しい生活を始めることを楽しみにしている場合は、サクラハウスの経験豊富なチームの温かさと親しみやすさを頼りに、最適なアパートを見つけるのを手伝ってください。東京や京都でのニーズに合わせたシェアハウス、ゲストハウス、バケーションレンタル。下のボタンをクリックして、日本での滞在の計画を始めましょう。

シェア

関連物件

  • アパート

    目黒アパートA(旧目黒アパート)


  • アパート

    沼袋C(旧沼袋3)


  • シェアハウス
    ゲストハウス

    サクラハウス 中目黒


  • シェアハウス

    サクラハウス 新宿 神楽坂


    男性のみ

  • アパート

    サクラハウス 渋谷恵比寿アパート(東京短期滞在向けウィークリー・マンスリーマンション・アパート)


  • シェアハウス
    ゲストハウス

    新宿曙橋B(旧曙橋5)


アーカイブ

このウェブサイトはクッキー(Cookie)を使用しています。サイトを閲覧し続けることで、クッキーの使用に同意することになります。詳細はこちら.