2022/06/15(水) 日本に住む

日本の伝統に生きる:チノワくぐり

夏が到来し、雨季の到来を告げる灰色の雲が少し降り注ぐ中、東京だけでなく京都でも、外国人日本語の学生、大学生、インターン、研究者やワーキングホリデーの旅行者は、この時期を楽しむのに最適な場所を見つけることができます。
日本の街を歩きながら街中を見ることができるのは、神社に飾られた大きな草の指輪です。しかし、これは何についてですか?
私たちは再び、日本での生活の別の典型的な側面に直面していることに気づきます。外国人旅行者、学生、働く専門家が気づいていないかもしれません。そこで、ここでは、この好奇心旺盛な夏の伝統について簡単に紹介します。

東京で長い一日を過ごした後、または京都の日本語学校や大学で非常に活発な授業をした後、家に帰るとき、神社を通り過ぎるのは珍しいことではありません。しかし、まったく異なる何かが夏の最初の月の間にそれらを飾ることです。草でできた大きなリングで、一種のポータルと見なすのに十分な大きさです。
さて、それは日本文化のより神秘的な不思議への特別な入り口ではありませんが、「なごしのはらえ」と呼ばれる日本の夏の儀式の重要な部分です。特に、この大きなフープは「チノワくぐり」として知られています。

「ちのわ」はリング自体の名前で「大きな草の輪」を意味し、「くぐり」は日本語の動詞「くぐる」に由来します。はい、それはリングを歩く儀式ですが、ポータルではありません。

この大きな草で作られたリングの伝統は、小さな草のリングを腰に取り付けることで病気や邪悪な力を防ぐことができるという伝説に由来しています。これは、チノワを通過した効果でもあると考えられています。
しかし、ほとんどの儀式と同様に、それを歩く特別な方法があります。下の画像に示すように、8の字で行う必要があります。

手順は次のとおりです。

1.チノワに向かい、お辞儀をします。次に、左足でそれを通り抜け始め、左に向かって歩き、再びチノワに向かいます。

2.再びチノワに向かい、お辞儀をして通り抜け始めますが、今回は右足で。次に、右に曲がって歩き回り、もう一度向かいます。

3.もう一度、チノワに向かってお辞儀をし、1回目と同じように左足で歩きます。左に曲がって、最後にもう一度チノワに向かいます。

4.最後にもう一度リングに向かってお辞儀をし、最初に左足で(左または右に曲がらずに)リングをまっすぐ歩きます。これで、神社に行って祈ることができます。

リングを通過するたびに特別な意味があります。 1回目は悪を追い払うため、2回目は浄化のため、3回目は保護のため、最後は幸福のためです。したがって、毎回それを通過する間、これらの考えを心に留めておくことが最善です。

夏の間の日本には、他にも多くの伝統、習慣、好奇心がありますが、それについて読むよりも、実際に生活して体験することをお勧めします。そのため、今年の夏に東京や京都での滞在を計画している場合、またはそのことについては一年中いつでも、多言語チームのサポートを頼りにすることができます。いつでも私たちと連絡を取り、あなたの言語で日本での宿泊施設の手配を始めましょう。私たちはあなたの立場に立っている旅行者のチームです。

シェア

関連物件

  • シェアハウス

    代々木上原(西原)


  • ゲストハウス
    アパート

    サクラハウス 東京ステーション(東京駅歩いてすぐ 東京短期滞在向けウィークリー・マンスリーアパート&ゲストハウス)


  • アパート

    サクラハウス 新宿 新大久保


  • シェアハウス
    ゲストハウス

    サクラハウス 江東区 門前仲町D(女性専用)


    女性のみ

  • アパート

    目黒アパートA(旧目黒アパート)


  • アパート

    沼袋C(旧沼袋3)


アーカイブ

このウェブサイトはクッキー(Cookie)を使用しています。サイトを閲覧し続けることで、クッキーの使用に同意することになります。詳細はこちら.