2021/09/14(火) 日本暮らしのコツ

京都を発見する:妖怪通り

京都で過ごす時間が長ければ長いほど、発見されることでしょう。京都に留学したり、日本企業で働いたり、地元の会社でインターンをしたり、京都の機関で研究したりする長期滞在の旅行者にとって、これは過去のことです。時々、私たちの住人は私たちのスタッフが気づいていないことを発見することさえありました。京都に短期滞在する旅行者ですが、通常は手に余る時間があり、発見することもたくさんあります。いずれにせよ、住民が発見したことを聞いたことがない場所が1つあるので、本日はここで簡単に紹介します。京都市の暗黒時代を彷彿とさせる不思議な場所、サクラハウス京都から徒歩約20分の妖怪通りを指します。

特にお盆祭りの間に、日本では夏の間、過去の親族が生活の世界を訪問来るとき、共用部背筋震えを送信し、シーズンから皆のクールに保つ、友人や家族と一緒に夜に集まり、いくつかの幽霊の話を共有します熱。これらの物語の一部には確かに「妖怪」が含まれている可能性があります。これらは日本の民間伝承からの超自然的なモンスターであり、良いことも悪いこともあります。確かに、その型破りな外観は、誰もが自分の席から飛び降りる可能性があります。

一条通りに位置し、北野天満宮に近い妖怪通りは、長さ400メートルの商店街で、他の地域と同じように並んでいます。しかし、ここでは、この通りの伝統と魅力を守るために、店の入り口に手作りの妖怪モンスターがいます。

 

その歴史は、京都が平安京として知られていた古穂時代(964-968)にまでさかのぼります。この間、京都のあちこちで大規模な清掃が行われ、事実上、多くの古い道具が捨てられました。道具は創作100年に達した後、生命を獲得し始め、適切に処分されなければ、所有者を狩るために戻ってくる可能性があると信じられています。当時、ほとんどの道具が処分されていたのですが、怒り狂うと妖怪モンスターに変身しました。彼らは怒りに満ちて、百鬼夜行、または百鬼夜行として知られる夜をパレードしました。このパレードの場所はもちろん妖怪通りの現在の場所でした。このパレードは今日も毎年続いており、近隣の参加者や小学生が手作りの妖怪衣装を着て、百鬼夜行に似ています。

また、パレードに参加するのが怖い人のために、毎年妖怪市場が開かれ、妖怪関連の商品や珍しい骨董品も販売されています。 「モノノ怪一」、または「ゴーストマーケット」は、いくつかのユニークなお土産を家に持ち帰り、家族や友人に感動を与えるのに最適な方法です。

 

この通りで他にやることは、いくつかの店を訪れて、妖怪の形をしたパン、モスンターマスク、そしてもちろんおいしいラーメン店などのインテリアやユニークな商品を楽しむことです。

 

長期滞在でも短期滞在でも、日中も夜もこの通りを訪れることをお勧めします。ユニークな写真を撮る機会として、毎年10月古都京都の歴史の他の側面を見てみましょう。

シェア

関連物件

  • シェアハウス

    サクラハウス 渋谷 千駄ヶ谷 アネックス 2


  • シェアハウス
    ゲストハウス

    サクラハウス 新宿 曙橋5


  • シェアハウス
    ゲストハウス
    アパート

    サクラハウス 大島東京1シェアハウス/ゲストハウス東京


  • シェアハウス

    サクラハウス 田端


  • シェアハウス

    サクラハウス 武蔵野 武蔵関シェアハウス東京


  • NEW
    シェアハウス

    北新宿


アーカイブ

このウェブサイトはクッキー(Cookie)を使用しています。サイトを閲覧し続けることで、クッキーの使用に同意することになります。詳細はこちら.