2021/10/12(火) 日本に住む

日本の伝統に生きる:わびさび

日本に住んでいる間、箸で食べる、お辞儀をする習慣、店やレストランに入るときの「いらっしゃいませ」の紛れもない叫びなど、日本文化の多くの側面がすぐに認識されます。他の人は、シェアハウスハウスメイトと、ゲストハウスでルームメイトと、家族や友達と、あるいは一人で東京や京都のサクラハウスと一緒に住むことがよくあります。

ただし、他のいくつかの側面は、その独特の特性のために、より微妙で理解するのが難しい場合があります。そのひとつが、伝統的な「わびさび」の美的コンセプトです。私たちの何人かはそれを聞いたことがあり、おそらくそれが何であるかについての考えやイメージを持っていますが、それはどのようにそしてなぜ起源でしたか?そして、さらに重要なのは、基本的に何ですか?
このさくらのヒントで、このユニークなコンセプトを簡単に見ていきます。

サクラハウスKYOTOR町家の紅葉

そもそも、多くの日本語と同じように、「わび」と「さび」は、何世紀にもわたって繊細な意味の進化を遂げてきました。茶人千利休が16世紀頃に生まれた「わび」は、もともと孤独感、社会から離れ、自然に親しむことを意味していました。そうすれば、それは物事の本来の性質と、自然によって提示されたものの美しさに固執することを意味していることがわかります。
一方、「さび」は、時間の経過、枯れ、そしてその後の悲しみの意味を持っています。
これらの概念から、わびさびは、社会での贅沢な生活をせずに、生活を捨てるという意味を持ち始めました。ある意味、両者は互いに補完し合っているように見え、「時間の経過が物事に与える独特の美しさを実感し、鑑賞する」という意味を与えています。

このユニークな用語の存在を理解するのに役立つ1つの側面は、歴史を通して日本文化を形作ったもう1つの主要な要因である仏教です。
その中で、わびさびを推し進めてきた最も基本的な側面は、「三法印」、つまり無常、苦しみ、空虚という3つの存在のしるしです。これらの3つのマークすべてで平和を見つけることは大きな知恵を可能にするだろうと信じられています。

これらの3つの概念とわびさびとのつながりは、物事が枯れることの無常、これが引き起こす可能性のある苦しみ、そして物事が存在しないこと、そしてそれがそれらにその意味を与える人間。

多くの伝統的な日本文化の概念と同様に、それを説明する言葉を見つけるのは難しい場合があるため、合理的に分析するのではなく、感じることをお勧めします。茶道はわびさびのオーケストラと言えます。不完全な形の茶碗、小さくて控えめな部屋(元々は4畳、時には2畳)、そして式典の主要なコンセプトの1つである「一期一会」は、すべての出会いがユニークで再現性がないことを意味します。このアイデアを最もよく表す特徴のほんの一部です。

寺院や伝統的な日本庭園を散歩することも、このコンセプトの独自性を垣間見ることができます。一例として、寺院の正門は風化するかもしれませんが、それでも美しく印象的です。素敵な庭には、まっすぐに成長していないが複雑な方法で木があり、それが際立って庭に独特の個性を与える独特の魅力を与えているかもしれません。

サクラハウスKYOTORの日本庭園の眺め

日本では日常生活でわびさびを目にする機会が多いので、仕事で東京に長期滞在したり、勉強や発見のために京都に毎月滞在したりする場合は、経験豊富なスタッフに遠慮なく連絡してください。あなたがあなたの宿泊施設を見つけて、日本での生活のすべての美しい側面にあなたを近づけるのを手伝ってください。

シェア

関連物件

  • アパート

    目黒アパートA(旧目黒アパート)


  • アパート

    沼袋C(旧沼袋3)


  • シェアハウス
    ゲストハウス

    サクラハウス 中目黒


  • シェアハウス

    サクラハウス 新宿 神楽坂


    男性のみ

  • アパート

    サクラハウス 渋谷恵比寿アパート(東京短期滞在向けウィークリー・マンスリーマンション・アパート)


  • シェアハウス
    ゲストハウス

    新宿曙橋B(旧曙橋5)


アーカイブ

このウェブサイトはクッキー(Cookie)を使用しています。サイトを閲覧し続けることで、クッキーの使用に同意することになります。詳細はこちら.